認定補聴器専門店

        

CLOSE

スタッフブログ

最新ワイヤレス機能 Auracast™ブロードキャストオーディオ

Bluetoothの最新機能 『Auracast™ブロードキャストオーディオ』をご存知でしょうか?
補聴器ユーザーにとってより快適性・利便性の向上が期待されるこの技術。
是非活用していただきたい機能です😊

無線通信技術Bluetooth®


これまでのBluetooth®は短い距離で送信機器、受信機器が一対一で使う無線通信でした。

Bluetooth LE Audioという新規格では
①低消費電力・高音質・低遅延での再生が可能
②カンタンにペアリングが可能
③ブロードキャスト機能 Auracast™では送信機器から音質を落とさずに複数の機器で同時に受信、聞くことができます。

特に③のAuracast™LE Audioで最も重要な新機能と位置づけられ、今後幅広く普及していくものと考えられます🙋

①低消費電力・高音質・低遅延での再生が可能

LC3(Low Complexity Communications Codec)と呼ばれる新しい技術が搭載されたことで、エネルギー効率に優れた設計となり電力の消費が抑えられ電池の持ちが長くなりました。

補聴器ユーザー様で普段CROS補聴器もお使いの方や、頻繁にweb会議に出られる方、音楽をストリーミング再生なさる方でも安心して一日お使いいただくことができます😊

②カンタンにペアリングが可能

スマートフォンには補聴器に接続できるものとそうでないものがあります。

iPhoneであればMFI(Made For iPhone)機能が標準でついているため、安定して補聴器と接続・ペアリングすることができます。
AndroidスマホにはASHA(Android  Streaming for Hearing Aid)機能があるものとないものがあり、スマートフォンの詳細をみても見つけにくい…または対応していない…なんてこともしばしば…

ですが新規格LE audioはパソコンやオーディオ機器など広い範囲で搭載可能な規格であるため、Android スマホをお持ちの方も安定して補聴器とスマホの連動機能をご活用いただけます。

またペアリングすることでBluetoothでストリーミングされた音楽や音声が補聴器でその方に合った調整で増幅してくれるため、より聞きやすくなるといったメリットも😄◎

③ブロードキャスト機能 Auracast™

ラジオなどの放送システムのように多人数に同時にデータを伝送できる機能です。
人が集まるガヤガヤと騒がしい環境下だとどうしても聞き取りたい音声が聞き取りにくくなってしまい、必要な音声放送などを聞き逃してしまうことも…😢
Auracast™機能を活用すると聞き逃せない電車の発着情報病院での呼び出し講演会でのスピーカーを通した音声を補聴器に直接届けてくれるため、利便性が向上!!

その他にも
・病院などにある音声が出ていないテレビ、または音量の小さいテレビの音を聞きたい音量で聞く
・イベント会場での通訳配信
・博物館、美術館等の音声ガイダンス などなどさまざまな場所での活用が見込まれています。

機能搭載補聴器

新機能、新技術をもつLE Audio機能を搭載している送信機および受信機も少しずつ増えてきています。
受信機側、補聴器では スターキー最新シリーズのジェネシスAIにLE Audioが搭載されています!!

今後さまざまな機器に標準装備されるであろうLE Audio技術。
補聴器ユーザーの方にとってはより利便性、快適性向上に一役買ってくれる技術です😎✨
ガジェット系はちょっと苦手…という方にも簡単にご利用いただけるので、使いこなせるようサポートいたしますのでご安心くださいませ😉

お問い合わせ・ご予約

最後までご覧いただきありがとうございます😉
補聴器とスマートフォンがつながると生活の幅がより広がります。
皆様の聞こえの生活の質が向上するよう、懇切丁寧にサポートいたします。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ
お問い合わせ、ご予約はコチラ

前の記事へ 記事一覧に戻る
お役立ちコンテンツ
採用募集中